平成30年度沖縄酒類製造業自立経営促進事業について

 琉球泡盛海外輸出プロジェクトで策定した行動計画において、効果的な販路拡大・市場拡大への取組として、海外市場において、泡盛製造業者が主体となって、泡盛の輸出を促進するための「ブランド・イメージ」の在り方の検討、現地でのテスト・マーケティング等の事業を実施しました。

事業内容

欧米での琉球泡盛のハードリカー分野における販路拡大に向けたブランド構築事業

本事業は、琉球泡盛のハードリカー分野におけるカテゴリーづくりに向けたブランド構築事業である。日本食料理店や日系コミュニティーといった既存のターゲットではなく、地元の方が利用するバーやレストランへ売り込むためのブランド構築を行った。新しいカテゴリーとして相応しいボトル、ラベルの開発、プロモーション、インポーターの開拓や、付加価値向上のための県産長粒米による泡盛の製造に取り組みました。

 概要版  報告書

「沖縄白酒」中国輸出&インバウンド展開事業

泡盛を中国市場および中華系インバウンド市場向けに展開します。展開方法はこれまで中国展開失敗事例の分析より、泡盛を「日本酒」ではなく「白酒」(蒸留酒)として認知させるため、冊封使のもてなしや進貢酒として用いられた歴史的な琉球王国の御用達酒としてブランディング・PRし、輸出の実証実験、テストマーケティング等を行いました。

 概要版  報告書