沖縄版・企業支援によるコロナへの挑戦(セミナー)を開催(令和3年2月)

最終更新日: 令和3年3月29日

 

 未曾有のコロナ危機が世界的に社会・経済に大きな影響を及ぼしている中、沖縄の企業支援の現場においては、資金繰り支援から資本支援等も適切に組み込んだ事業再生支援・金融支援を行うことが重要となってきます。このため、沖縄総合事務局と中小企業基盤整備機構沖縄事務所においては、共同で沖縄の企業支援機関のリーダー向けのセミナーを開催し、コロナに苦しむ企業の再生支援・金融支援を中心に知識、ノウハウを醸成することで、持続的な地域経済エコシステムの形成、並びにコロナ後の経済の力強い回復を後押ししたいと考えています。

1.開催日時

  令和3年2月19日(金曜日) 10時00分~16時30分

2.開催場所

  沖縄総合事務局

3.参加者

  金融機関役職員、支援団体役職員 ※オンライン参加者含む

4.プログラム

10:00-10:05(5分)     主催者挨拶 内閣府沖縄総合事務局長 吉住 啓作

10:05-10:10(5分)     主催者挨拶 (独)中小企業基盤整備機構沖縄事務所長 船崎 康治

10:15-10:55(40分)     基調講演

                                     沖縄県中小企業診断士協会 会長 神谷 繁 氏

                                     ((独)中小企業基盤整備機構沖縄事務所 事業承継チーフアドバイザー)

                                     テーマ「アフターコロナに求められる沖縄の中小企業支援のあり方」

 

11:00-12:00(60分)     基調講演

                                     金融庁 監督局地域金融企画室長 日下 智晴 氏

                                     テーマ「地域経済エコシステムと事業者支援」

  

12:00-13:3090分)     昼食休憩

 

13:30-16:30(180分)   分科会(3グループ) ※分科会は非公開です。

                                    島根県信用保証協会 営業部長 小野 拳 氏

                                    テーマ「踏み込んだ伴走型企業支援、地域連携」

                                    (ファシリテーター 金融庁 監督局地域金融企画室 室長補佐 渡辺 茂紀) 

 

                                    北門信用金庫 営業第二本部企業支援室長 伊藤 貢作 氏

                                    テーマ「アフターコロナに関する企業再生実務の隘路」

                                    (ファシリテーター 沖縄総合事務局 財務部金融監督課 上席調査官 八木沼 寛文)

 

                                    みちのく債権回収株式会社 代表取締役社長 坂本 直樹 氏

                                    テーマ「地域サービサーによる中小・零細企業支援」

                                    (ファシリテーター 沖縄総合事務局 財務部財務課 財務広報相談専門官 川満 克己)

5.当日資料

午前中のプログラムについては、以下のチャンネルからご覧になれます。

  https://www.youtube.com/watch?v=JbxZTXNxM6M

 

  基調講演「アフターコロナに求められる沖縄の中小企業支援のあり方」

  基調講演「地域経済エコシステムと事業者支援」

  分科会「アフターコロナに関する企業再生実務の隘路」   「質問回答集」

  分科会「地域サービサーによる中小・零細企業支援」

※ダウンロードできる資料は、承諾をいただきました基調講演者及び分科会講師のダウンロードに適した資料に限ります。使用される全ての資料がダウンロードできるわけではございません。

 

【主催】

      内閣府沖縄総合事務局、(独)中小企業基盤整備機構沖縄事務所

【お問合せ先】

      沖縄総合事務局財務部財務課(098-866-0091)、金融監督課(098-866-0095)
      (独)中小企業基盤整備機構沖縄事務所(098-859-7566)

6.アンケート結果

参加者のアンケート結果概要(PDFファイル)

 

【取組みの成果、今後の展開】

 アンケート結果にも見られるように、セミナー参加者の満足度は、基調講演及び分科会とも、非常に満足、やや満足の計で95%を超えており、かつ、参加者のコメントを拝見しても、いずれもコロナ禍で苦しむ企業支援に挑むにあたっての有意義な気付きを得られたのではないかと感じられる内容が多くを占めています。

 特に、分科会では、参加者から事前にコロナ過における事業再生の課題等を集約し、講師はその課題を踏まえた講義資料を作成した上で講義を行って頂いたことが、討議レベルの深化、熱量の高い意見交換の実現に繋がったものと考えています。

 他方、アンケートでは、会議の運営方法について、Web会議システムを使用したリモート参加者からの質問時間の配分等についての課題提起等も頂いております。

 こうしたアンケート結果も踏まえつつ、当局としましては、今後も、こうした企業支援機関向けのセミナーを継続して実施し、持続的な地域経済エコシステムの形成、並びにコロナ後の経済の力強い回復を後押ししてまいりたいと考えています。